2016年06月30日

マスコミが誘導

マスメディアが個人を取りあげる時は、概ね有名人と言われる。

だが、最近は知らない名前を知る事が多い。

有名人を取りあげるのでなく、マスコミが取りあげると有名になるのだ。

知名度とかニュース性を考えなくとも、取りあげてあおれば有名になるのだから結果的に似た事になる。

初めて聞いた時は、自分だけが知らなかったのだと思いこむか、そう考える。

広告・宣伝の手法だが、ニュースは起きるものでなく、起こす・作るものとなる。

自作自演は非難され易いが、読者誘導は被害意識が希薄なので成功しやすい。

これは、ネットの風評に近づいている感がする。

posted by miya at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

外来動物等が繁殖

ペットブームの後遺症らしいが、外来動物等の野生化・繁殖があると問題になっている。

日本古来の品種が絶滅しがちな所で繁殖するのだから、相当に強いだろう。

強いというのは繁殖力の事だが、他には天敵がいないという意味もある。

自然には増えすぎると、減少する仕組みがあるのが普通だが、突然に生態が変わるのでそのような仕組みは出来ていない。

弱い物を潰して増える事になり、他の動物等や人間にも影響は大きい。

posted by miya at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

日本の選挙もネガティブキャンペーン化

アメリカ選挙のネガティブキャンペーンは有名だ。

日本はまだそれは少なかったが、次第に似た方向に進むようだ。

相手も悪口を言いふらす、文句が出れば取り消しても良い。

最初だけ見て、取消を見なかった人が風評を広めてくれる。

それにマスメディアまで載ってくれる様になった。

少ない行動で大きな効果を得るとなれば、蔓延しそうだ。


posted by miya at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

ブックメーカーも予想間違い?

英国の国民投票による、ユーロ離脱は話題がつきない。

そのなかでも、事前予想が逆だったらしい事が多数の方面から出ている。

各国証券取引所やブックメーカー(賭け屋)とどうも英国国民自体もそのようだ。

やりなおし運動など、普通はまともにとりあわないがかなり盛んだし、天候原因説も飛び出す。

そして、事前予想やアンケートの信頼性が大きく揺らいでいる。

予想など誰も信用しない雰囲気が全世界に流れる。

確かに、予想やアンケートが違った責任などは誰もとらないし、そもそも意味があると言う保証などは元々存在しないのだから当然の事に戻るだけだ。

日本もその予想が駆け巡る時期だが、冷めた目でみるだろう。


posted by miya at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

「見直し」要求は具体性がない

「見直し」要求が、流行語になっている。

要求し、それを受け入れる。

見直しても変わらない事は普通だが、要求側は具体性がないのに勝手にイメージだけで期待する。

受ける側は、具体性のない要求は大抵はバラバラ要求なので、どれかを取りあげても他から非難されるだけで、みなおしたが現状維持が平均意見の無難な結果になる。

具体的でなくとも誰の要求も同じだと思いこむが、現実は全く異なる事の理解がない。

具体的な要求もばらばらになる状態で、具体性がないと現実な対応が出て来ないこない事を、学習する必要がある。


posted by miya at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

英国のユーロ離脱決まる

英国のユーロ離脱決まるというニュースが乱れ飛ぶ。

その背景や意味や将来は、大方は何も判っていないが、当面に円高と株安が起きたのでマイナス記事と評価をするのが無難だと動きが揃う。

フライングする人は、国民投票の是非や日米安保にまで繋げる。

そもそも、日本での移民問題はまだ大きくなっていないし、地域格差問題はあるが英国の連邦程には大きくない。

考えるより先に、問題提起らしきコメント・記事はもはや日本マスコミの恒例だ。

一度鎮圧してから、見守る事になるだろう。

国際社会や日本への影響も、分離して判断するには時間が必要だ。

そもそも、最初で最後の大事件では無いと考えるのが普通だろう。


posted by miya at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

婦人靴通販!レディースシューズのことならソールカウンター




外反母趾や甲高などでも履ける靴通販


ミスキョウコ公式ショップ【ソールカウンター】。

外反母趾や幅広、甲高など足に悩みをもっているけどおしゃれな靴を履きたい方に喜んでいただける靴を提供。

シューフィッターが購入前、購入後のご相談を賜ります。


婦人靴通販!レディースシューズのことならソールカウンター【soulcounter】


posted by miya at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

矛盾した思いつき記事が溢れる選挙記事

マスコミは、国政選挙期間中は記事を自由に作れるので、文字どうり遊んで暮らせる感がある。

細かく反対の記事を書けば、見た目はそれらしく見える。

呆れた読者は次第に離れて行くので、いつまでも続けられる。

「議員数減少」「1票の格差是正」「県単位廃止の合区」は相互に関連する。

どれか1つに反対しても意味はない。

実現の為には、他も影響を受ける。

だが、1日毎に個別に反対記事を載せると、自己矛盾をごまかせる。

一般企業なら倒産への道に繋がるが、報道は楽だと思う。


posted by miya at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

ソフトバンクの副社長が辞任

辞任?解任?退任・・・そこは推測面が強い。

長年に渡って、築き上げた孫社長とその日本的な会社体制に、新しいアメリカ的な経営方針を加える経営組織グループの導入計画が、総合的に成功しなかったと見るべきだろうと思う。

結果的に元に戻った訳だ。

経営的にだけ見れば、成功=儲けの有無かもしれないが、それはアメリカ的な短期決算の積み重ね経営で、日本での中期・長期経営・事業展開には合わなかったのかと思える。

根が深い問題なのだと思える。


posted by miya at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

参議院選挙公示

参議院選挙公示で、関連ニュースが溢れる。

選挙法改革が遅れているとか、賛否のみの構図の押しつけとか、無理な争点の要求とか、所属政党の移動とか、自由主義を楽しむ意見が続出する。

深刻なイギリスの、EU離脱問題の国民投票と比較すると、軽く見えない事もないが、日本では選挙以外で一般国民が政治に参加する機会は少ないので実は重い筈だ。

個々に要求する内容が異なっても、全て含めて選挙結果が程度の差はあれ、影響すると前向きに考えたい。

問題指摘や後ろ向きな、メディアや有識者等の一部(?)のマイナス意見は、選挙権という権利を放棄させない危険を感じる。


posted by miya at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

原発の耐用年数?

高浜原発の再稼働問題で原発の耐用年数の考えが揺らぐ。

「40年」というのが余裕を見た内容とは、誰しも理解する、そうでなければ危なすぎて動かせない。

だが、耐用年数とはそのような性格だ、余裕を持って使用を止めるのが安全とする考え方で危険な装置を動かす上での基本思想だ。

だから、調べれば「まだ使えそうだ」という結果が出るのは当然だ。

それが耐用年数の考えかただ。

その状態で使い続けることには大きなリスクが伴う。

壊れてから、事故が起きてから決める耐用年数ではないので、安全余裕を見ないと次は事故が起きるまで同じ事を繰り返す危険が生じる。

事故が起きてから耐用年数を決める装置でない筈だったのだが、奇妙な展開になった。

posted by miya at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

都知事立候補は後出しじゃんけん説

誰が辞任させたかは諸説あるが、東京都知事が辞任して選挙が行われる。

おりからの参院選とは異なり、一応は準備期間なしに近くなる。

そもそも立候補者も明らかでない。

準備なしとすると、後から突然に立候補した人が当選しやすいと言う都市伝説が生まれる。

同じ準備不足ならば、他の立候補者の顔ぶれと公約を知ってからというのもありだろう。

今度はしっかりした人を選びたいと建前はあるが、突発選挙では前任者の欠点が無ければと言うのが最低となるのだろう。

2度続けて金の問題とくくる報道もあるが、入手問題と、使用問題とは異なるので、広くくくっても意味はない。

posted by miya at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

選挙権年齢が18才以上に改訂

選挙権年齢が18才以上に改訂され、施行された。

久しぶりの改訂と報じられる。

確かに前回改訂が記憶にない。

就職年齢の高齢化と逆行している感があり、自立年齢とも合わないイメージが強いが、世界的には遅れているそうだ。

選挙年齢を下げて、自立年齢が上がれば喜ばしいと思うが、期待できるだろうか。

個人的には、就職年齢22才が自立年齢と思っているので、あまりコメントに力がないと感じる。


posted by miya at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

リストラ人員の行き先

大企業の事業撤退や身売りのニュースが続くが、人員削減やリストラがつきまとう事も多い。

似た事は企業の規模に係わらず多いが、絶対人数に関しては大企業の削減人員の影響は大きい。

海外からの引き抜きもあるが、国内企業への再就職もまたある。

主にトップレベルの人事だけが報道されるが、実務者の移動・採用も意味は大きい。

なかなかに新規中途採用のキャパを持つ所は限られるが、日本も次第に中途採用で力を発揮できる風土になってゆくと思える。

隔離でも派閥でもなく、従来からの従業員との共同作業が普通になりたつ事だ。

これは過去では予想以上に、現場レベルでは難しかった。

posted by miya at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

退職金

辞職知事の高額な退職金も驚く。

退職金は、昔の終身雇用制だと馴染むが、それが壊れた今では、直接貰う時以外は、金額を含めてイメージしにくいだろう。

個人的には、不況時の早期退職時に説明書類で初めて知った経緯がある。

それに、他社や他人から情報を得にくい、ばらばらだし詳しい人も少ない。

将来は判らないという事で、前払い制度や類似の色々が存在すると聞く。

勿論、細部は知らない。

posted by miya at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手づくり和菓子翁屋



手づくり和菓子翁屋のはんなり京都の宇治抹茶プリン


茨城県つくば市にて手づくり和菓子を製造販売

手づくり和菓子翁屋のショッピングサイト


手づくり和菓子翁屋



posted by miya at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

日本では実施されない国民投票

英国の国民投票が近づいている。

日本では、国民投票や住民投票が実施される事があまりにも少ないと感じる。

大阪市の区への再編(都構想と呼ばれる事が多い)案で行われた事くらいしか思い付かない。

東京都知事の辞任問題で、リコールから住民投票という極めてまともな道が表面に出て来なかったのが不思議でならない。

何故か避けたい理由があるのか、そのような行動がないのか。

それは何か圧力か、情報操作か、都民は考えが違うのか。

はたまた、日本は後進国なのか。
posted by miya at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

選挙日程で遊ぶな

マスコミ報道に、参議院通常選挙日程と、衆議院の解散と選挙日程が混ざって報じられる事が多い。

そこに、東京都の都議選選挙を加えたり、都知事選挙を加えたりの報道が増えた。

あたかも日程が、大きく情勢を決めるごとくの様だ。

そこには、投票日にとって、投票権者年齢や立候補年齢が影響する事は、無関係のようだ。

別の機会では、18−19才の選挙権を問題にするが、建前だけだった様だ。

そして、先走りの誤報報道も目立つ。

マスコミが、遊んでいると感じる。
posted by miya at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

ペルーの大統領選挙終わる

日本での選挙は、結果が早い事と、マスコミの開票中の当確判定の早さに特徴がある。

だが既に慣れてしまい、普通になりかけている。

その中で、他の国の国政選挙の開票状況を見ると、あまりの遅さに驚く。

現実は日本を基準にするのが間違いだろうとはなんとなく気づいてはいる。

どこも複数日が開票にかかるのは普通だ。

ペルーの大統領選挙は、差が僅かで開票率100%まで不明だった。

疑問票より、差が広がって漸く決まった。

のんびりしていると見るか、予定通りに進んだとみるか、日本人以外は後者なのだと思う。
posted by miya at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

有名人が大病に罹ると事前診断希望者が増える

有名人が大病に罹ったとマスコミの報道はいかがなものかと思う事はある。

そこまで個人情報を明かす必要があるのか・・と思った。

しかし、定期通院している医師に聞くと、普段は事前診断や定期診断等を無視する人が関心を持ち診断希望者が増えると聞く。

特に若い人の病気は、多くの無関心者に、他人事でないと思わす機会になると言う。

きっかけには疑問があっても、プラス面もあるならと・・・思う事にした。


posted by miya at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする