2018年07月11日

野党の一部に災害対応の理由で国会審議反対?

野党の一部が豪雨による災害への対応を理由として、国会審議反対する意見が出ているという。

一つに集約出来ない内容だと思うが、ツィッターの発言を読めば、選挙対策ための思いこみ発言と感じる事が目立つ。

与党の中にも、対応庁の省への変更だとか、便乗意見と感じる事もある。

一般人にも防災対策最優先という意見も出ている、現実は防災は空気や保険的なものであり、無事であれば必要性が薄れる性格があり、災害が起きないと効果が不明な費用は、建前だけで認められる事は無い。


posted by miya at 09:20| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。