2018年07月12日

豪雨被害地の工場が徐々に操業再開

局地豪雨だとされて、行政区単位でも被害の有無が変わるようだ。

被害地域の呼び方は誤解されやすいが、交通機関の影響や関連会社・施設が被害を受けている事もあり、被害の意味が広い。

交通や流通が復旧して来ると、工場の稼働が始まると報道されている。

報道の影響を受けやすい状況だと言えるが、過去の広域自然災害の経験を思い出すからだろう。


posted by miya at 10:44| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。