2018年09月06日

関西国際空港のヘリコプターからの映像

2018/09/05には関西のテレビ局で、台風21号通過後の被害ニュースを行った。

その一つが、何十年に1回という?高波での浸水被害とタンカーの橋への衝突事故で、不通となった関西国際空港の状況だった。

お馴染みのヘリからの映像だが、空港周辺は通常は飛行禁止だから、実は珍しい近い地点からの映像だった。

連絡橋の破損や個々の自動車や人が見える近くでの映像は、殆ど見たことがなかった。

メディアは「陸の孤島」という言葉が好きのようだが、現在は災害はその後に2次被害防止を考えて対応するので、移動を避ける事は常識的な対応のようだ。

一方では広い地域での停電が起きているが、広域ニュースは今のメディアは対応能力がなくて、具体的な報道はない。

posted by miya at 10:02| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。