2018年11月29日

記念硬貨の追加製造

造幣局が記念コインの注文を受けすぎて、追加製造した事を公表して謝罪した。

数量限定のメッセージは、実質の販売数量と異なる場合は広告内容の虚偽疑惑となる。

公表謝罪は無難な対応だろう。

造幣局の増産は、誰が得をすうるのか(あるいは損か)は微妙だ。

公表しておけば大きな問題でないだろう。
posted by miya at 11:38| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。