2018年12月09日

OPECが石油減産決定

石油生産国の集まり(OPEC)が石油減産を決定した。

生産国と消費国が、大きく別れる製品なので、いかにも国際的な政策価格の要素がある。

生産国は減産で価格の上昇を狙う、ただし総売上げや個々の国の売上げには差が生じる。

アメリカのシェールガスの影響も大きくなった。

政策価格なので、方針自体が度々変わる、今回の夏に増産したばかりだった。

日本は消費側だから、単純に価格の低下を望む、単純な理由だ。


posted by miya at 10:33| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。