2019年03月10日

民間宇宙船


米宇宙企業が開発した有人宇宙船クルードラゴンが、今回は無人飛行で国際宇宙ステーション(ISS)に行き、そこから地球に帰還した。

次回は米航空宇宙局の飛行士を乗せる予定という。

米国は2011年のスペースシャトル終了以降は、ISSへの飛行士の輸送手段がなかった。

NASAは、ISSまでの有人宇宙船の開発と運用を民間企業に委託している。

4月にもう1社のボーイングの宇宙船も無人試験飛行を予定するという。

posted by miya at 09:52| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。