2018年05月09日

フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(31日間無料)】






フジテレビの現在放送中のドラマだけでなく、過去の名作ドラマ・バラエティ、アニメ、 映画など様々なジャンルから、選りすぐりのラインアップ!
あの大人気タイトルがいつでも楽しめます。
Yahoo! JAPAN IDを利用しての新規登録で、お得な新・見放題コース【FODプレミアム】月額888円(税抜)が31日間無料キャンペーン実施中!!


FODプレミアム(31日間無料)


posted by miya at 22:17| Comment(0) | テレビ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

池の水を抜くと何かが見つかる

たぶん、ドキュメンタリーモードの、「池の水を抜く」番組がある。

水を抜くと、普段は見えない中に何かが見つかる事になる。

概ね放置状態の池には何かが棲む事は普通であり、何もなかった事はない。

逆に何も無いと話題になりそうだ、何も棲めない池・・・とか。

結構管理者も困っているという、昔は田舎の貯水池を定期的に水抜きしていた記憶がある。

これが長年放置だと思うと、結構予想出来ない。



posted by miya at 11:03| Comment(0) | テレビ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

マスメディア発の健康情報

マスメディア発の健康情報は多い、ただし何気なく接する事が多い。

健康に良い・良くない、適度が良い・やりすぎは良くない、などが混ざり嘘か本当かと言うよりも意味の理解が難しい事が多い。

広告がそれに混ざる事も多いし、話題性やスポンサーなるものが影響する事もあるとも言われ、食生活と健康グッズが絡みと情報は情報で留める事に慣れる。


posted by miya at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

ネット通販のテレビライブ放送

テレビ放送では「ライブ中継」は特別の様で、強調する。

たぶん色々と難しいことがあるのだろう。

民放ではCMが付きものだが、その撮影は長い時間を掛けて行うとされている。

それの逆が、通販販売のライブ放送だ、双方向に意味があるのだろうか、あるいは最新情報の強調か。

その販売が期間・時間限定である事も意味が強いだろう「本日限り」がライブの発言かどうかは意味が大きいとの判断だろう。

posted by miya at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

テレビ番組は量的

「スペシャル」表記が多い時代だが、テレビ番組でも多い。

それは概ね時間の長さを表す。

量的な多さで表す訳だが、判り易いというか時間だけで判るとか・・・??。

質的にと望んでもそれは、主観的で判り難く主張しにくいのだろう。

一般には、量と価格で「スペシャル」があるとすれば、無料放送では量になるのだろう。

「有料放送」はと思うがそこも「価格」ははいってこない。



posted by miya at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

国会中継

国会中継はNHKの代名詞の時代があった、テレビでは今もそうだろう。

現実に、「何故中継しない」と「中継がおおすぎる」が双方ある。

ただダイジェストというのは、中継と呼んで貰いたくない、制作者の主観が入るもっと言えば、主観がおおすぎるから。

ネット時代になって、ニコニコ生放送が国会中継を行っている。

そこそこ人気があるし、トータルで見ると主要放送と言える。

手を加えるなは、逆に時間制限が少なく、中継経費削減からは制作者と視聴者の希望が合致する。

編集などと手間と費用がかかる事はしないのだ。


posted by miya at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

テレビも高齢化対策

高齢化時代は、その対策がひつようだ。

本は読まない、ドラマ・映画は見ない。

グルメや旅行は好き、・・・。

テレビはというと、どうもバラエティになるようだ。

夜ははやそうだから、9時か10時以前は、高齢者向けの構成になる。

それ以降に、社会人労働者や低年齢向きになる。

シフトが起きているのも、自然な事だろう。

posted by miya at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

ケーブル・衛星テレビを見る人と見ない人

テレビ離れと言われる。

ただ、まだまだ見る人は多い。

ただ、ケーブルテレビ・衛星放送を契約する人と、地上波しか見ない人がいるようだ。

NHKの有料には慣れたが、他の有料に価値を見ない人はいる。

そもそも、見る時間が日本時間の昼だけの人は地上波だけになりやすい。

ライブの世界のスポーツは時差で夜が多い。

映画等のDVDを見る人は、ケーブルテレビファンも多いが、ながらテレビ派は縁がない。

さてメーカーやサービス側はどうするのか。
posted by miya at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月26日

テレビの再放送時代

映像のDVD化はレンタルを含めて限界があります。

ネットの動画配信も増えたが、受信ハードに制約があり機器の買い換えが必要だったりするが、その割りにはソフトは多くない。

有料放送を含めて、映画や再放送チャネルがファンもいます。

機器の制約は、強引なデジタル化で一応は揃った面があります。

そして、増えた再放送です。

人気コンテンツに集まる傾向のせいか、無視できない状況で、その時間帯にも見る人が増える時代とも言えます。

夜に20:00-22:00の間に寝る人も増え、ゴールデンタイムもぼやけています。
posted by miya at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月31日

録画視聴率

某新聞にテレビの録画視聴率が、リアルタイム視聴率を超える事もある事を公表しました。
既に大方の生活習慣のなかに、録画が含まれておりいまさらの感があるが、表だって調査結果がこうだと述べられたのは私には始めてでした。
録画再生機器の販売数を考えれば、かなり早くから予想されており、リアル視聴率を建前で重視していた時代おくれの所は、参考情報になったと言えます。

posted by miya at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする